骨箱はミネラルウオーターの箱で?

実は最近、ミネラルウオーターの箱を再利用して、ご遺骨をお送り頂く方が増えています
たとえば、プレミアムミネラルウオーター株式会社さんの、ナチュラルミネラルウオーターの箱

縦横は、7寸の骨箱を収めた骨箱にぴったり
骨箱よりも高さがあるので、ちょっと切り込みを入れて折って頂ければ、かなり、ミニマムに、送料を押えて発送頂けます

御遺骨の発送は、葬儀社の方にとっても、はじめのうちは慣れない事で、みなさん戸惑ってらっしゃいましたが
二度、三度、お送り頂くうちに、どんどん、発送の効率がよくなって

オフィスにミネラルウオーターを、
空き箱は御遺骨の発送に

他にもぜひ、いろいろと使える手段を開拓なさってくださいませ

粉骨・散骨サービス 有限会社 三幸社

骨箱は骨箱の箱で

当たり前の様なタイトルですが、、、
御遺骨をお送り頂く際に、骨箱をそのままお送り頂く方も増えてきましたが、
やはり、骨箱を身出しで郵便局に持ち込むのはデリカシーにかけるという御声もお聞きします

そこで、お客様にお伝えしているのが、骨箱が入っていた段ボール箱の再利用
骨箱を仕入れた際に、ダンボールに入ってきていたならば、当たり前ですが、サイズもばっちり合っています

1)骨壺を大きなビニール袋に入れてしっかり封をし
2)骨壺を骨箱に納めて
3)骨壺が骨箱の中でガタガタしない様に、新聞紙やプチプチで、骨壺の四隅を埋めて、
4)骨箱も、布のガムテープで封をして
5)骨箱が入ってきた段ボールに、骨箱を納めて、封をしたら出来あがり

です
骨箱を仕入れた際には、骨箱が入っていた段ボールをすぐに廃棄せず、いくつかおとりおき頂けると、お骨の発送に有効に再利用できます

有限会社 三幸社

海洋散骨に出港しました

@


冬から春、この季節は、気圧の関係で、波が高い日が多く
なかなか、出航の予定が立ちません
さすが、黒潮への散骨
房総半島の沖は、本当に、外海
すぐそこまで、伊豆大島が迫ってます
陸にいる時は穏やかに見える海でも、沖に出ると山の様なうねりが迫ってきて、、、
遊園地のジェットコースターにも負けません

でも、青い空の下、大海原で、御遺骨に、ありがとうございました、の気持ちで散骨をすると
すがすがしい気持ちになります
自分も、海に還りたい
グランブルーの見すぎでしょうか

三幸社

海洋散骨を承る事が増えてまいりました

@


2021年になって、海洋散骨のお問合わせが、またぐっと、増えてまいりました
多くは、
「お宅(三幸社)にお骨を送ると、散骨まで済ませてくれるの?」
という、当社の業務の中身そのものを、お問合わせ頂くお電話です

お骨を送れば、こちらで粉骨、散骨を済ませて、散骨証明書が届く
長年御葬儀に関わる葬儀社のプロフェッショナルからすると、あまりに、あっけなく、感じられるプロセスだから、ホームページにそう書いてあっても、
・ちょっと何か裏があるんじゃぁないか?
・他にも請求が来るんじゃぁないか?
・そんなに、簡単でいいのか?
との疑念を抱かれるのかもしれません

そんなに簡単でいいのか?
三幸社は、千葉県の田舎の町にございますので、まわりじゅう、親せきだらけ、知り合いらけの複雑怪奇なしがらみの中で暮らしており、自分の家からご葬儀を出すとなると、誰を呼ぶか、何処まで呼ぶか、いつも頭を悩ませるわけです
ですが、都会で暮らす方々の血を巡る関係性というのは、おそらく、ここよりもシンプルに違いありません
都会で暮らす御高齢の方々の中には、金の卵と呼ばれて、集団就職で数十年前に都会に出てきた、次男三男、二女三女の方も多いそうで、葬儀に呼ぶ親せきも、近所にはあまりいない、お墓についても、本家の墓には入れない、さりとて、墓を新たに作っても面倒を見てくれる子供がいない孫がいない、という事も多いと聞いています

つまり、シンプルになったのは、葬儀ではなく、生きているときの人間関係なのかもしれません

霊柩搬送から事業を起こして30年以上
変化する生活、その写し鏡として、変化する葬儀の、常に半歩先を見据えて、お骨の行き場がない、という社会にならない為に、シンプルでも、心をこめて、日々の仕事に努めてまいります

海洋散骨 三幸社