ピンチをチャンスに!

@

 都心で暮らす在宅勤務中の友人たちと、SNSのやり取りが普段より多くなりました。友人たちの多くは、今回の在宅勤務の経験から、テレワークって本当にできるじゃないか、と感じているようです。また、休日も外に行けない彼らからすると、目の前に海が広がり、食べ物も身近で採れる私たちの暮らしが、改めてうらやましく感じているようでもあります。
 歴史上、収束を見なかった感染はありませんので、このウイルス感染も、やがては収まります。今年中なのか、数年後なのかはわかりませんが、アフターコロナの世界は必ずやってきます。この、アフターコロナの世界は、今までとは違う常識や欲求に基づいたものになる気がします。一番わかりやすい変化は、「密」を避ける社会に向かうことではないでしょうか。そして、「密」を嫌う変化がわかりやすく現れるのは、東京には居たくない、人が増えることだと思いませんか?
 そうなると何が起きるか?
地方にチャンスが回ってきます。特に、三幸社のある千葉県房総半島先端
東京に近いけど、ぜんぜん、密じゃない、この田舎に住みたい人が増えるチャンスです。今でも多い別荘や二拠点居住からさらに進み、拠点は完全にこちらに移し、ここに住んで、テレワークで東京と仕事をする人と会社が増えます。
ここで暮らして子育てして、月に数回必要な時だけ東京に通う。
会社ごとここに移って社員全員がここで暮らし、必要な時だけ都心に出張する。
 高校生の頃、天然痘で世の中が不安な時に奈良の大仏は建てられたと習いました。14世紀には、黒死病でヨーロッパの3割くらいの人が亡くなったとも習いました。でもそれは、裏を返せば、感染では人類は滅びないということを教えてもいます。いわば、感染と感染の間を生き延びて、豊かな暮らしを築いてきたのが人類なわけです。
 今この瞬間には、まだまだ不安があり、よそから人が来ることには消極的かもしれませんし、しばらくはトラウマになるかもしれません。
 でも、このコロナウイルス感染が収まった時、22世紀に向けて地方が生き延び存続し続ける、大チャンスが待っているのは間違いありません。

ビフォーコロナとアフターコロナの変化を、本気で考えて、備えて、過去の自分たちを変える勇気を持てるかどうかにかかっていると感じています。

ピンチをチャンスに!

粉骨/散骨・納骨 有限会社 三幸社

アフターコロナ

@

韓国や中国のニュースを見ると、外出を控えましょう、という状態から、結構すぐに、多くの人が街に繰り出し、楽しんでいるような感じです
日本でも、昨日あたりから、急に外出、日常へ戻る、というニュースが見られるようになってきました
経済活動を再開すると、第二波が心配、という声もありますが、日本でも、すぐに街は賑やかになるのかもしれません

一方で、コロナ恐怖症で家から一歩も出たがらない、怖くて電車やバスには乗れない、という方もいらして、この方々が、すぐに活発に動くようになるかはかなり疑問です
また、今後も違うウイルスで、同じような事が起きた時の為に、戦略的に、今とは経営形態を変える企業も多くあると思います

つまり、コロナウイルスの感染の危険性が低くなったので、経済活動を元に戻しましょうと言った時、表面上は街ににぎわいが戻ったように見えても、個人レベルでも、企業レベルでも、確実に、コロナウイルス感染の前とは、変化が起きます

アフターコロナの世界に備え、今の自分をどう変えるか

おっと、その前に、イン・ザ・コロナの今を、どう乗り切るか、考えなくっちゃ

粉骨 散骨 納骨 三幸社

黒潮海洋散骨

@

ゴールデンウイークとなると、普段は観光客であふれる南房総も、
今年はとっても静かです
夏のような日差しの中、海洋散骨に向かいました
とてもいい天気でしたが、そこはやはり、黒潮海洋散骨というだけあって
散骨ポイントまで来ると、ものすごい波
無事ご遺骨をお還しする事が出来ましたが
黒潮の荒波に、生身のわれわれは、少々怖いくらい
でも、これこそが、自然の醍醐味、生きている証、命がめぐる瞬間です
黒潮海洋散骨、荒々しい波はそのまま、悠々と太平洋に広がってゆきます

粉骨・散骨/納骨 有限会社 三幸社

俺のせいじゃねぇ

@

ただでさへ、少子高齢化、財政ひっ迫の日本で年を取ってゆくことが不安でしたが
このウイルス感染に見舞われた社会で、この先、どんな老後を過ごすことになるのか
不安が二乗倍されている感じがしますが
考えを変えてみれば、

自分の生活が思った通りにならないことを、ついこないだまでは、
自己責任、自助努力が足りない、自分がふがいない、自分が失敗したせい、等々、
思いがち、思わされがちだったところを

こりゃ、天災だからしかたがないよ
みんなだめなら、俺もダメ、私もダメ、
と、気楽に考えるチャンス、とも言えます
言えないかな

粉骨 散骨 納骨サービス 三幸社