免疫力

@

コロナウイルスで、世の中の様相が様変わりしています
ところで、感染というのは、大きく分けて、細菌によるものと、ウイルスによるものに分かれるそうで
細菌は自分で繁殖し結構大きい
ウイルスは、自分では繁殖できず、他の生物の細胞の中に入り込み、その細胞がもっているDNAやRNAの増殖機構を借りて、自分のDNA(またはRNA)を増殖させるのだそうです 細菌の50分の1くらいの大きさ

で、免疫力という時に
細菌に対しては白血球の中の「好中球」という細胞が主体となって防御し、
ウイルスに対しては主にリンパ球(とくに細胞傷害性Tリンパ球)が防御にあたるそうです

今、一番怖いな、と思うのは、白血球が足りない事でも、リンパ球が足りない事でもなく
情報に対する免疫力の弱さ
あるいは、その情報が真か偽かを見定める判断力

御葬儀に関しても、情報が増え続け、
高いお金を払って葬儀を上げる意味はあるのか、
とか、
墓には入らなくていい、
とか、
いろいろな情報が増えてきました

人が亡くなった後、どうなるかは、残念ながらわかりません
長い歴史をかけて築きあげられた宗教の教えは、本当なのかもしれないし、
あるいは、その時々の社会情勢が作り上げた、それこそ、神話の集大成なのかもしれない
でも、
共にこの世界で時間を共有してきた誰かと、感謝をこめて、しっかりとお別れをする事、
は、残された側にとってこそ、とても大切
そして、
別れの後に偲ぶ手段としての御墓、あるいは御位牌など、その後も続く残された人の人生の中での、亡くなった方とどうつきあってゆくかも、
いろいろな情報を鑑みて、
長い目で、
経済や時間の負担も考えて、判断したいとおもいます

粉骨 散骨 納骨 三幸社 パスワードは【333】