景気の気

アメリカと中国の政治的な摩擦は、第二次大戦後、70年も、ほぼ、独り勝ちをしてきたアメリカに、
中国の経済発展が追い付いて、アメリカに対抗しうる経済力を身に着けて、アメリカのトップの座を脅かすようになってきたのが
直接の理由でしょう 資本主義対社会主義、ではなくて、お金持ち対お金持ちの、単純な、けんかです

イデオロギー、主義、では義の対立がおきると、立ち位置が違うので、頭はいいけど、陰湿で、内にこもった戦いになります
一方、経済力をバックに世界の覇権を握る、景気の話、気の対立になると、誇大な嘘と、頭の悪い風潮づくりが戦いのリングになり、なんとも滑稽で、見え透いた見栄の張り合い、子分づくりの戦いになりそうです

ご葬儀の世界も、儀の中身で変化とあらがっているうちは、業界内、宗教界の中で、意識の高い、でも、ちょっと陰湿な戦いがあったかもしれませんが、経済的な理由が、変化の根本になると、誇大広告と、底の浅いデマが、気を左右する未来が来るかもしれません

いや、これは、これから起こる「気」の変化が、生活全般に及ぶと、生活すべての面で、薄っぺらいデマが気を左右するようになってしまうかもしれない、怖い社会が来る そんな気 がして心配です

粉骨 散骨 サービス 三幸社 パスワードは【333】