もしものときの話

@

もしもの時
突然訪れることもあれば、徐々に訪れることもある、もしもの時
介護職に従事する友人や、医療の世界に働く友人たちの多くは、
自分の最期は、癌がいい、と言います
ちょっと意外ですが、、、

心筋梗塞や脳梗塞など、突然発作が起きて、もしもの時が始まるのではなく、
癌は、「余命」が宣告されるので、
家族に迷惑かけないように、準備ができるから、という事が、理由だそうです
介護、医療の世界では、もしも、の時を迎えた方々が、当たり前に自分のまえにいる世界
なるほど、覚悟が違います

三幸社がある、千葉県、房総半島先端には、田舎町には珍しい、大きな病院
亀田総合病院、
があります
そこで働く医師たちが導入している
もしバナ 
というゲーム

もしもの時の話を、あまり縁がない人たちの意識にも導入できる素晴らしいゲーム
ぜひ、試してみてください
https://www.i-acp.org/game.html

パスワードは【333】 有限会社 三幸社