丙午を逆手にとって

コロナウイルスの感染が世界中で始まって、2年
私たちが暮らす千葉県南房総では、もともと下がり続けていた出生数が
この2年で、また、ドーンと下がりました
この勢いだと、今生まれる子供が50歳になるころには、本当に、この街はなくなっているんだろうなと、実感します


私自身は1966年、丙午(ひのえうま)という、出生数が極端に少ない年に生まれました
「丙午生まれの女性は気性が激しく夫を不幸にする」という迷信がありました
「丙午の男性・女性は配偶者を殺す」とか、
「よめ取りむこ取りに丙午生まれの人を避ける」などと言われてきました
結果として、男女の産み分けはできないので、1966年には出産自体を控える親が多くいたということです

60年で一回りする年回り、次の丙午は2026年、あと4年後
陰陽五行説を元にした「四柱推命(しちゅうすいめい)」では、丙午生まれの人は逆境に強く、行動力がありさっぱりとした性格で、自分にも他人にも厳しい面がありますが、勢いのある強運の持ち主だとされています
今や、ジェンダーレス、嫁だ婿だと言っている時代ではありません

「丙午生まれの女性はその行動力で成功する」

そんな迷信を今からSNSに流して、逆に出生数を上げる活動をしたいところです

粉骨 散骨 納骨 有限会社 三幸社