うねり

@

エンディング産業展、当社ブースにお立ち寄りいただきました皆様
本当にありがとうございました
当社は、霊急搬送から事業を興した事もあり、葬儀社の皆さま下請としての立場で、粉骨・散骨の事業に乗り出しました
「こんなに安くて大丈夫?」
「安すぎ」
というお声を、産業展の期間中、多くの方から頂きました
霊急搬送の現場で、長くご葬儀に携わってまいりましたので、人は生まれたからには必ず寿命が来て、その生を終える、その場面で、地域の葬儀社が果たす役割は、これからも欠かせないものであるという思いを強く持っております。
だからこそ、これからも増えるであろう、家族葬儀、小さな葬儀、福祉葬であっても、葬儀社にも利益が残る形でお弔いが続くことこそが、下請としても我々の存続にもつながると、考えております
また、
「こういうサービスを待っていた」
「これからは、こういう形式を望む方が増えるよ」
との御声も、多くの方からいただきました。

家族のあり方、世間のかかわりかたが変わる中、ご葬儀にも、大きな変化のうねりが来ているようです

皆さまのお役にたちながら、黒潮海洋散骨も、この大きなうねりに乗っていかなくては、と感じた三日間でした
ありがとうございました

黒潮海洋散骨
有限会社 三幸社