子供の数が、、、

@

三幸社がある千葉県南房総市も、ご多分にもれず、少子高齢化が進む、田舎の街です
先日、市役所から配られた広報誌に、昨年、市内で生まれた子供の数は99人という記事がありました
これはかなり衝撃
50年近く前、私がここで生まれたときには、まだ、平成の合併前でしたので、小さな町が7個あったわけですが、同級生となる子どもたちは全体で1000人近くいたと思います
中学校も7校ありました
どこの学校にも、一学年には100~200人の生徒がいたと思います
後12年すると、人口4万人弱のこの市には、中学校が一つあれば足りるという事になります
本当に、高齢者が多く、若い人、特に子供は極端に少ない
しかも、です
平成26年には、200人以上の子供が生まれていますので、ほんの5年ほどで、生まれる子供の数が半分になってしまいました
後5年すると、生まれる子供は50人?

市役所の方と、仕事でご一緒する事もありますが、たとえば、まだ若い、25歳の職員が、60歳で定年を迎えるころには、子供の数がゼロ、なんて可能性もあります

本当に、街が消えていきそうです

黒潮海洋散骨 三幸社