丁寧に積み上げたものが

@

三幸社では、人生の終末期のクオリティーを向上する事が、より質の高い葬儀やその後の遺族の生活の安定、安心につながると考えて、地域のアドバンス・ケア・プログラムにも関心を持っています
幸い、近所に大きな病院があり、その病院のドクターたちが中心となり、枠にとらわれないACP活動を進めているので、その活動に参加させてもらっています
医療従事者でもない、介護従事者でもない観点から、ACP(最近では人生会議という名前になりましたが)を見つめる事が出来ると感じています

ところが、このコロナウイルス感染の脅威の中で、この、丁寧に取り組んでゆくこと、自体が、出来なくなっています
感染騒ぎの真っ最中は、それどころではなかったわけですが、今後、いろいろな所で、丁寧さが失われてしまったほころびが生じてくる事になると思います

コロナウイルス感染が始まる前には、人生の終末を考える一環として、「もしバナゲーム」の普及に携わり、講習を受けてマイスターという資格を頂き、ご要望があれば、あちこちでかけていましたが、こういった、入口の普及活動も、今の時点では、なかなかできません

それでも、時間はどんどん過ぎて、高齢者はますます高齢になってゆく(あたりまえですが)
この状況下で、自分たちに何が出来るのか、またひとつずつ、丁寧に考えてゆくしかないかな、覚悟をしています

粉骨・散骨 有限会社三幸社