フレイル

@

ステイ・ホーム
家にこもっている間、家族がいれば、会話もあるし、笑いもあるし
若い人の一人暮らしなら、ネットを使ったコミュニケーションもとれます、
でも、高齢者、特に80歳以上の方々で、おひとり暮らしとなると
今まで来てくれていたヘルパーさんも来なくなったり、
週末には顔を見せてくれていた都会で暮らす子供たちも、来られなくなったり
一人で、じっとこもる時間が増えます

そうなると、フレイルという状態が心配されるそうです
フレイルとは、健常から要介護へ移行する中間の段階
家に閉じこもりがちになると、筋力が衰え、疲れやすくなり年齢を重ねたことで生じる衰えが、さらに加速します
フレイルは、身体的問題のみならず、認知機能障害やうつなどの精神・心理的問題、独居や経済的困窮などの社会的問題が含まれる、多面的な概念とのことですので、このコロナウイルスの感染が納まった後、久しぶりにヘルパーさんが尋ねると、すっかり人が変わってしまっていた、という事にもなりかねません

まずは、自分の親に電話
近所のお年寄りに声掛け

しておかなくっちゃな、と思います

粉骨 散骨 納骨 三幸社