この先の未来

@

平成29年の時点で、生活保護受給者数は およそ214万人(約164万世帯)
およそ日本国民の50人に1人が生活保護を利用していることになり、この20年でおよそ2.5倍に増加しています
一方で、年間死亡者数は2040年まで増え続けると予測されています
「生活保護法」葬祭扶助適応の散骨ご依頼は、今でも一定数ありますが、今後、さらに増えてゆくことと思います

どんなご遺骨にも、その方が生きてきた生の営みがありました
財政に負担をなるべくかけず、シンプルでもしっかりとその生(せい)に寄り添って最期にかかわる誰かが、継続的に必要であり、三幸社は、細く長く、そこに関わってゆきたいと考えております

粉骨 散骨 納骨サービス 三幸社